記事掲載の趣旨

  • 安全管理や労働災害防止は、難しくはありません。 過去の実例や経験を上手に活用すれば、かなりの程度、達成できます。 先人の犠牲は貴重な教訓です。 その一端を、順次ご紹介して参ります。

横山事務所

  • 社会保険労務士・行政書士              横山事務所              所長 横山 誠      〒 262-0033     千葉県千葉市花見川区幕張本郷2-5-1-207      電話    043-272-3917      ファックス 043-272-3918      業務内容                     主に、職場の安全管理、労働災害防止に取り組んでいます。       実際に発生した災害を4こまマンガで表し、その状況、原因、防止対策を検討して、安全診断、教育、講演等の材料にしています。       紙芝居風(パワーポイントも可能)の講演は、ユニークな手法として好評を頂いております。

横山事務所からのお知らせ

  • 古い記事を見るには
    画面の右にある欄の、「 最近の記事 」の中で、一番下にある記事見出しをクリックし、中央画面の一番上に表われた中から、左端の見出しをクリックして下さい。
  • 大きくする
    マンガ・写真・マーク等をクリックすると、大きくなります。
  • 講演テーマ
    ◎ リスクアセスメント  ◎ 労働安全衛生マネジメントシステム ◎ 危険予知訓練(KYK)  ◎ 労働災害に伴う責任  ◎ 災害防止対策 ◎ 労災保険の内容  ◎ 特別加入 ◎ ヒューマンエラー  ◎ 指差し呼称  ◎ 不安全状態と不安全行動  ◎ 労働者の自己責任 ◎ 過労死 ◎ 7S

安全講演のご案内

  • 紙芝居風安全講演
    労働基準監督官・監督署長の経験から知り得た生々しい労働災害の実例に基づき、紙芝居風の手法で視覚に訴えるので、具体的で迫力があり、かつ、難しいことを分りやすく、肩のこる内容を面白く表現して、トップから作業員まで、どなたにもよくご理解頂けるようにお話をしております。 お問い合わせ  電話 043-272-3917              (平日 9:00から18:00)         ファックス 043-272-3918
フォト

« 第337号(実例)制御盤を傾ける作業中 | トップページ | 第338号(実例)ブロック塀の横で側溝の敷設作業中 »

2017年8月13日 (日)

第338号(設問)ブロック塀の横で側溝の敷設作業中

Photo                                      

◎ 設問

絵のような状況や作業、行動において、どんな危険があるか、

考えて下さい。

それが、危険予知訓練・KYKになります。

更に、その危険の発生確率と被害程度とを加味して、対策の

実行の優先順位を定めれば、リスクアセスメント・損害評価に

なります。

災害の実例は、次の頁です。

« 第337号(実例)制御盤を傾ける作業中 | トップページ | 第338号(実例)ブロック塀の横で側溝の敷設作業中 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137074/71328075

この記事へのトラックバック一覧です: 第338号(設問)ブロック塀の横で側溝の敷設作業中:

« 第337号(実例)制御盤を傾ける作業中 | トップページ | 第338号(実例)ブロック塀の横で側溝の敷設作業中 »